住宅の屋根トラブルも解消!屋根工事で押さえておきたいポイントなどをご紹介

このサイトは住宅の屋根トラブルを解消して屋根工事をする上で抑えておきたいポイントを紹介しており、何が重要であるかを詳細に説明しています。
屋根トラブルにおいて最も気をつけるべきことの一つは塗料を上手に選ぶことで、その屋根に合ったものを見つけることができるかどうかが成功するかどうかの大きな分かれ目になってきます。
そのためにも日頃から塗料に関して研究するとともに、どれ位の予算があればどの塗料を購入することができるかを確認しておくことが大切です。

住宅の屋根トラブルも解消!屋根工事で押さえておきたいポイントなどをご紹介

屋根工事は信用できる会社に任せることが大きなポイントとなりますが、その会社の中に腕の良い職人がいるかどうかをよく確かめることが重要です。
腕の良い職人がいることにより屋根工事をスムーズに進めることができますし、最後まで丁寧に作業をしてくれるのでとても重要な要素となります。
また金銭的な面で信用することができる会社かどうかをチェックすることも大切で、信頼できるところに頼めばお金のことで揉めることはないので重要なポイントとなるのは明らかです。

必要な工期は屋根工事の気になるポイント

屋根工事を行っていくことで、屋根の雨漏りが気になっている状況も解決して過ごしやすくなりますし、家へのダメージを防ぐことにつながります。
屋根工事の工期を事前に専門業者に相談しながら、正しく理解していけるようにする事も大切なポイントです。
瓦屋根の場合、まずは瓦をはがしていき、新しい屋根を取り付けていく必要があります。
すでに取り付けられているものを外していく作業に手間かかかる可能性がありますし、天候にも影響が出てきます。
事前にスケジュールを教えてもらうことで、数週間で作業が完了するケースも多いです。
足場を組むなど、いろんな業者が段取りよく作業を進めてくれると、工期が短くなる可能性があります。
専門業者のスタッフが、定期的に作業の進み具合を教えてくれるなど、正しく理解することができると、安心感を持つことができる方は多いです。
実績にも注目しながら、定期的な連絡ができるなどのスタッフ対応の良さの比較も必要です。

進捗状態がわかるようになる屋根工事の工程

自宅の屋根工事を依頼する場合、足場を組んで本格的な工事を行う必要があるためある程度の工事期間と費用がかかります。
せっかく高いお金を払って大切な自宅の屋根を工事するならば、どんな工事の進捗状態を把握できるようになるためにも屋根工事の工程を予め把握しておく必要があります。
屋根工事は大きく分けて7つの工程で行われ、一般的な一戸建ての場合約1~2週間ほどかかります。
まず最初に行われるのが足場架設であり、高所作業でも安全に作業を行えるように足場を組み、近隣やホコリや塗料が飛ばないようにシートで覆ったり養生シートを張る作業を約半日ほどで進めます。
足場架設が完了すれば、次に取り掛かるのが既存屋根撤去であり屋根材を下ろし処分を行い、既存の下地の上から下地板を増し張りする作業を約1~3時間かけて行います。
次に室内に雨が入るこむのを防ぐために防水シートを敷き、その上から新規屋根設置を行っていきます。
この時屋根を葺くだけではなく横から雨水が入り込まないよう板金で隙間を覆っていく作業を約2~5日かけて行ったら、板金と雪止めの設置を約1~3日で行い最後に足場解体と撤去で全ての作業が完了します。

屋根工事で住宅のイメージチェンジ

住宅は定期的にメンテナンスが必要であり、住居設備の劣化が見られるようならリフォームを行うことが基本です。
特に劣化が進行しやすいとされるのが屋根部分であり、常に紫外線や雨など住宅を守る重要な部分でもあるので、約10~15年を目安に屋根の葺き替えを検討することをおすすめします。
大規模な屋根工事を行うメリットはなんといっても 自宅の寿命が延びることや耐震性の向上がアップすること、そして屋根工事を行うことで住宅全体のイメージチェンジが行えることにあります。
特に今まで和瓦を使用してきた住宅などは、屋根材の中で最も重量がある和瓦を使用しているのでどんな屋根材でも葺き替え可能となる特徴を持っており、スレートやアスファルトシングル、金属など軽量でありながらも耐震性が高い屋根材にすることで、メンテナンスが格段にしやすくなります。
そして今までカラーバリエーションに限度があった和瓦と違い、色や素材の幅が広がることで外壁塗装と同時に屋根工事を行えば、イメージチェンジにより今までの家とガラッと雰囲気が変わり、新築同様の美しさを取り戻すことができる様々なメリットが得られます。

外壁工事と同時に施工すると安くなる屋根工事

新築の頃はきれいだったお住まいの外観も、経年劣化を免れることはできません。
塗装に使用している塗料の種類にもよりますが、概ね15年程度くらいの間隔で外壁工事を実践するのが理想とされています。
日本の新築住宅では二階建ての人気が根強いので、安全に作業をすすめるには足場を組むなど、比較的大規模な施工になることが多いようです。
そのような事情も関係して相応の出費が必要になることも意識されて、なかなか踏み切るのが難しいかもしれません。
ところで経年劣化による影響が同様に懸念されるのが、常に風雨や外気の影響をうけることになる屋根材です。
特に雨漏りの被害は深刻で、雨漏りに気が付いて屋根工事が必要になることもありえます。
屋根での作業になるので、当然足場を組むことになります。
つまり外壁工事と屋根工事では作業工程のなかには重複する点が色々あるわけです。
どうせ定期的なメンテナンスをするなら、屋根工事のついでに外壁塗装も済ませることでリーズナブルな費用で抑えることも出来て、適切なお手入をすることにもつながりお得です。

著者:上條千明

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
親の跡を継ぎ地元で工務店を経営。
屋根工事について記事をまとめました。
屋根工事を福岡で