住宅の屋根トラブルも解消!屋根工事で押さえておきたいポイントなどをご紹介

このサイトは住宅の屋根トラブルを解消して屋根工事をする上で抑えておきたいポイントを紹介しており、何が重要であるかを詳細に説明しています。
屋根トラブルにおいて最も気をつけるべきことの一つは塗料を上手に選ぶことで、その屋根に合ったものを見つけることができるかどうかが成功するかどうかの大きな分かれ目になってきます。
そのためにも日頃から塗料に関して研究するとともに、どれ位の予算があればどの塗料を購入することができるかを確認しておくことが大切です。

住宅の屋根トラブルも解消!屋根工事で押さえておきたいポイントなどをご紹介

屋根工事は信用できる会社に任せることが大きなポイントとなりますが、その会社の中に腕の良い職人がいるかどうかをよく確かめることが重要です。
腕の良い職人がいることにより屋根工事をスムーズに進めることができますし、最後まで丁寧に作業をしてくれるのでとても重要な要素となります。
また金銭的な面で信用することができる会社かどうかをチェックすることも大切で、信頼できるところに頼めばお金のことで揉めることはないので重要なポイントとなるのは明らかです。

必要な工期は屋根工事の気になるポイント

屋根工事を行っていくことで、屋根の雨漏りが気になっている状況も解決して過ごしやすくなりますし、家へのダメージを防ぐことにつながります。
屋根工事の工期を事前に専門業者に相談しながら、正しく理解していけるようにする事も大切なポイントです。
瓦屋根の場合、まずは瓦をはがしていき、新しい屋根を取り付けていく必要があります。
すでに取り付けられているものを外していく作業に手間かかかる可能性がありますし、天候にも影響が出てきます。
事前にスケジュールを教えてもらうことで、数週間で作業が完了するケースも多いです。
足場を組むなど、いろんな業者が段取りよく作業を進めてくれると、工期が短くなる可能性があります。
専門業者のスタッフが、定期的に作業の進み具合を教えてくれるなど、正しく理解することができると、安心感を持つことができる方は多いです。
実績にも注目しながら、定期的な連絡ができるなどのスタッフ対応の良さの比較も必要です。

進捗状態がわかるようになる屋根工事の工程

自宅の屋根工事を依頼する場合、足場を組んで本格的な工事を行う必要があるためある程度の工事期間と費用がかかります。
せっかく高いお金を払って大切な自宅の屋根を工事するならば、どんな工事の進捗状態を把握できるようになるためにも屋根工事の工程を予め把握しておく必要があります。
屋根工事は大きく分けて7つの工程で行われ、一般的な一戸建ての場合約1~2週間ほどかかります。
まず最初に行われるのが足場架設であり、高所作業でも安全に作業を行えるように足場を組み、近隣やホコリや塗料が飛ばないようにシートで覆ったり養生シートを張る作業を約半日ほどで進めます。
足場架設が完了すれば、次に取り掛かるのが既存屋根撤去であり屋根材を下ろし処分を行い、既存の下地の上から下地板を増し張りする作業を約1~3時間かけて行います。
次に室内に雨が入るこむのを防ぐために防水シートを敷き、その上から新規屋根設置を行っていきます。
この時屋根を葺くだけではなく横から雨水が入り込まないよう板金で隙間を覆っていく作業を約2~5日かけて行ったら、板金と雪止めの設置を約1~3日で行い最後に足場解体と撤去で全ての作業が完了します。

屋根工事で住宅のイメージチェンジ

住宅は定期的にメンテナンスが必要であり、住居設備の劣化が見られるようならリフォームを行うことが基本です。
特に劣化が進行しやすいとされるのが屋根部分であり、常に紫外線や雨など住宅を守る重要な部分でもあるので、約10~15年を目安に屋根の葺き替えを検討することをおすすめします。
大規模な屋根工事を行うメリットはなんといっても 自宅の寿命が延びることや耐震性の向上がアップすること、そして屋根工事を行うことで住宅全体のイメージチェンジが行えることにあります。
特に今まで和瓦を使用してきた住宅などは、屋根材の中で最も重量がある和瓦を使用しているのでどんな屋根材でも葺き替え可能となる特徴を持っており、スレートやアスファルトシングル、金属など軽量でありながらも耐震性が高い屋根材にすることで、メンテナンスが格段にしやすくなります。
そして今までカラーバリエーションに限度があった和瓦と違い、色や素材の幅が広がることで外壁塗装と同時に屋根工事を行えば、イメージチェンジにより今までの家とガラッと雰囲気が変わり、新築同様の美しさを取り戻すことができる様々なメリットが得られます。

外壁工事と同時に施工すると安くなる屋根工事

新築の頃はきれいだったお住まいの外観も、経年劣化を免れることはできません。
塗装に使用している塗料の種類にもよりますが、概ね15年程度くらいの間隔で外壁工事を実践するのが理想とされています。
日本の新築住宅では二階建ての人気が根強いので、安全に作業をすすめるには足場を組むなど、比較的大規模な施工になることが多いようです。
そのような事情も関係して相応の出費が必要になることも意識されて、なかなか踏み切るのが難しいかもしれません。
ところで経年劣化による影響が同様に懸念されるのが、常に風雨や外気の影響をうけることになる屋根材です。
特に雨漏りの被害は深刻で、雨漏りに気が付いて屋根工事が必要になることもありえます。
屋根での作業になるので、当然足場を組むことになります。
つまり外壁工事と屋根工事では作業工程のなかには重複する点が色々あるわけです。
どうせ定期的なメンテナンスをするなら、屋根工事のついでに外壁塗装も済ませることでリーズナブルな費用で抑えることも出来て、適切なお手入をすることにもつながりお得です。

屋根工事の費用を抑えるための節約術

古い時代に建てられた住宅の中には、屋根が老朽化してしまい雨漏りが起きている場合や、少しずつの浸水で天井にシミが出ている住宅も少なくはありません。
このままの状態で放置すると屋根裏の木材が腐食を起こし、更に室内側にもカビが発生してしまいます。
解決策は屋根工事によって張り替えをする方法があり、老朽化している住宅では塗り替えよりも張り替えの方が長く住むにはメリットがあります。
ところが屋根工事に掛かる費用を調べた結果、高額になることで躊躇してしまうようであれば、節約術があるのでこの方法で施工依頼をすると十分な節約に成功できます。
具体的な内容は、重ね張り工法を採用する方法になり、現状としては瓦屋根以外の多くの屋根材に適用することができるので、資金を少なくして屋根工事を済ませられます。
重ね張り工法では古い屋根を解体する手間を無くし、廃棄物を処理する経費も掛かりません。
このことで施工会社側はコストカットを行えるので、施工料金を引き下げることを可能にする節約術になります。

屋根工事業者の選び方で重要なポイント

天井から雨水が垂れてくる、あるいは壁にカビが発生して黒ずんでいる場合は雨漏りが起きている可能性があると考えられます。
屋根は、どれほど頑丈なものであっても劣化は防げないことなので定期的にメンテナンスを行うことが重要です。
屋根工事を専門業者に依頼する際、選び方で重要なポイントとなるのは屋根工事の実績の多さや、地域密着型の会社を選ぶことです。
また、料金は専門業者によって異なります。
屋根工事の適正価格を知るためにも、見積もりは一社だけではなくできれば三社以上から取るようにしましょう。
実績が多い業者は屋根工事のプロなので、劣化した屋根の症状に最適とされる修復工事を適正価格で行うので安心できます。
そのほか、地域に密着した会社は気軽に相談をすることができたり、もし施工後にトラブルが起きたとしても迅速に対応可能です。
屋根は高所にあり、工事を自分で行うのはケガをする恐れがあるためプロに任せることをおすすめします。

屋根工事の費用を決める屋根のサイズと形状

屋根のサイズと形状の違いが、屋根工事にかかる費用に影響を与えます。
屋根の形状には大きく分けると切妻屋根や寄棟屋根、平面的な陸屋根、入母屋屋根法型屋根などが採用されており、それぞれで面積が違ってきます。
基本的に屋根のサイズがあるものほど屋根工事費用がかかる傾向があるため、住宅の屋根のスタイルを確認しておきましょう。
屋根の面積を判断するポイントとなるのが、屋根の角度です。
平面的な平屋根は面積の最も少ない屋根として知られており、逆に角度があり勾配があるほど作業面積が広がります。
緩やかな勾配と急勾配の屋根によっても違いがあり、後者の傾向が強くなるほど屋根のサイズが大きくなっていきます。
急勾配の屋根工事の場合は、足場代の負担もアップします。
基本的に勾配がきつくなるほど屋根にあがって作業できなくなるため、しっかりと足場を組んで作業することになります。
屋根工事の費用を決める屋根の面積スタイルを知っておくと依頼するさいに役立ちます。

天候に左右される屋根工事に最適な季節

屋根工事は雨が降ると中断してしまうので、雨が降りにくい季節を選択するのが基本といえるのではないでしょうか。
春は気温が上がり晴れの日が比較的多いことから、屋根工事に適している季節の1つとなります。
更に気温が上昇して梅雨期に入ると、途端に雨の日が増えるので今度は工事に適さないです。
雨によって湿度が上がりますから、塗料は乾きにくくなりますし、金属は錆びやすくなるので屋根工事には不向きです。
秋は気温が下がるものの湿度も低下するので、塗装に適していますが、大雨を伴う強風の台風には注意が必要です。
冬は降雪の有無が屋根工事に大きく影響しますから、降雪する地域でなければ、基本的に工事が検討できると思われます。
屋根の上は雨だけでなく風の影響も受けやすいので、梅雨期と台風が増える秋を避けて検討したいところです。
一方で最適なのはやはり春先か夏の終わり頃で、降雪のない地域であれば冬も検討できるのではないでしょうか。

目的に合わせて実施される屋根工事

室内が湿っぽかったり悪臭がする、壁や天井に雨水が染みていてシミができているなどの場合は雨漏りが発生している可能性が高いです。
屋根は外から見ただけでは劣化具合がわからない場合があり、台風の後などに点検をしたとしても内部のダメージが進んでいることもあるので注意が必要です。
屋根工事が必要になった場合は、安心して作業を任すことができる専門業者を選ぶようにしましょう。
優良な業者は屋根工事の経験が豊富で、実績や専門知識を多く持つスタッフが在籍しているのが特徴です。
また、目的に適した屋根工事を行うので安心です。
業者の数が多く選べない場合は、インターネットで実際に利用した人が書き込んだ口コミを参考にしたり、業者のホームページを見て過去の実績などをチェックされることをおすすめします。
見積もりを業者に依頼する場合は、目的に応じた内容がスタッフが作成した書類にきちんと記載されているかもしっかりと確認するようにしましょう。

著者:上條千明

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
親の跡を継ぎ地元で工務店を経営。
屋根工事について記事をまとめました。
屋根工事を福岡で